エニタイムフィットネス

エニタイムフィットネス

あなたは、「ANYTIME FITNESS(エニタイムフィットネス)」を知っていますか?

世界で実に27ヵ国に広がり、4,000以上もの店舗を有している巨大なフィットネスグループなんです。その一番の特徴は、どこも24時間営業で年中無休だということ。日本でも、これまでに400店舗を超え、全国的にその会員数を伸ばしています。あなたの身近な場所にも、その店舗はあるかもしれませんよ!

今回の記事では、そんなエニタイムフィットネスの口コミ・評判や料金、体験や入会・退会などについてを調査し、まとめていきましょう。

エニタイムフィットネスとはどんなフィットネス?

一例として、東京都港区にある「三田店」の施設が紹介されている、公式動画を添付します。

エニタイムフィットネスは、「いつでも、どこでも、オトクに、好きなだけ。」というコンセプトで、誰にとっても通いやすいフィットネスクラブを目指しているフランチャイズのグループです。

24時間営業・年中無休なので、それぞれのライフスタイルに合わせた利用ができることが、最大の強みです。店舗によっては、Wi-fiや水素水サーバーがあるなどの特徴ある場所もあります。

パーソナルトレーニングも、別料金で受けることができます。

エニタイムフィットネスはどんなことができるジムなの?

エニタイムフィットネスは、マシントレーニング特化型のジム。そのため、プールやスタジオなどがない分、店舗の規模は大きくないところが多いですね。

しかし、だからこそ「最先端のマシン」と、種類にはかなりこだわっているのだとか。鍛えたい場所に的確に働きかけることができるマシンを使い、ストイックな効果を期待している人にとっては申し分ないジムだと言えるでしょう。

目新しさや刺激を求めるタイプの方よりも、コツコツと着実に積み重ねて成果を出せる人が向いています。

しかし、大きなジムで設備にお金をかけるのではなく、必要最低限のマシンだけで運営するかたちで利用者の負担を減らすということに重きを置いているので、リーズナブルな価格には自信があるようです。

低価格ゆえに、営業時間が24時間であってもスタッフの数が少なめだったり、シャワーにアメニティが揃っていないなどの声はあるようですが……。何を取り、何を捨てるか、というところでやむを得ないことなのでしょう。

そして、このチェーンのすごいところは、同じ系列の店舗であれば、どこでも追加料金なしで利用ができるということです。今後もその店舗数を拡大していくであろうことからも、その利用がますます便利になっていくかもしれませんね!

また、マシントレーニングでもしマシンの使い方に不安があったり、手厚いサポートが欲しい時には、パーソナルトレーナーをつけてパーソナルトレーニングを行うことも可能です。もちろん別料金が発生しますが、もともとの会費が安く済むので、並行して利用するという方も多いようです。

さて、もう一点気になることは、24時間営業時の安全性なのではないでしょうか?

特に、深夜の利用時間は、トレーナーを含め従業員が不在になるタイミングが。 インストラクターがいる時間帯は「スタッフアワー」とされていて、こちらも店舗によってさまざまです。

女性にとっては、その安全が気になるところですよね。その不安をクリアしているのが、独自の「セキュリティキー」によるシステムです。

こちらは、その専用のセキュリティキーによって、メンバー以外入館できないことはもちろん、独自の入館管理記録によってトラブルがあっても人物の特定が容易であること。さらに死角のない防犯カメラ設置、緊急呼び出しボタンでなにかあれば警備会社が駆け付けるという形を採用しています。

エニタイムフィットネスの店舗がある地域は?

世界27ヶ国で展開中のエニタイムフィットネスですが、すごいのはその系列店舗であれば、国内国外を問わず、すべての店舗を自由に利用できるという点。特別な手続きも、必要ありません。

一番多く利用する店舗にお金を払うように、自動で切り替えが行われるそうなので、店舗によって利用料金が違うこともあるため注意しておきましょう!

そして、現在も続々展開を続けているその店舗検索については、 こちらから公式サイトで行えます。

エニタイムフィットネスの料金については?

エニタイムフィットネスの利用料金は、まず入会時点で5,140円のセキュリティキー発行手数料というものが発生します。いわば、入会金のようなものですね。

そして、月ごとの金額については、利用する店舗によって違うので詳しくは店舗のページから調べてみましょう。

会員種別については、細かな種類があるわけではありません。パーソナルトレーニングをする方以外は、基本的に追加の料金が発生することはありません。

エニタイムフィットネスの場合は、時間に関する制約のある会員種別がないため、使えば使うほどお得になるシステムですね!

もうひとつお得な情報は、「ハイスクールパス」というものがあり、ある一定の条件を満たしていれば高校生の利用が無料で可能になるというものなんです。

  • 親権者に当たる人が、エニタイムフィットネスの会員として在籍している
  • 高校在学期間中であること
  • 利用できるのは、親権者が登録している店舗のみ、スタッフアワー内のみ

親が、エニタイムフィットネスに通っているという方は、必見ですね!

ただし、この制度が利用できない店舗もあるようですので、あらかじめ確認をしておきましょう。

口コミ

口コミ件数:7件
平均点数:3.17

良い口コミ

いつでも運動できる(4.8/5)

何よりも24時間営業というのがメリットです。夜遅くはもちろん、仕事前の早朝に汗を流すこともできるというのは自分のライフスタイルに合っていて通いやすいです。プールや潤沢なトレーナーはいませんが、そのおかげで24時間営業にしては月額料金がかなり安いので満足しています。

好きな時にいつでも通えるジム(4/5)

24時間好きなときに通うことができます。最低限必要なサービスのみを提供し、その分お手頃な料金になっているようです。スタッフに話かけられることもなくもくもくとスポーツにうちこめるので煩わしさがなくていいです。

自分のペースでいつでも運動(4/5)

エニタイムフィットネスの良いところは24時間365日やっているところ。特にお盆や、お正月の時はこの良いところを実感しました。あとは料金が安いところです。
トレーナーとマンツーマンでやりたい方は向いてないですが、自分のペースでやりたい方には向いていると思います。

不規則な仕事の人向き(3/5)

なんと言っても24時間365日営業というのが魅力だと思います。私のような休みが不規則な仕事をしている方にはかなり助かる事です。スペースはそこまで広くないですが、器具もそこそこ充実しているので、本格的にとまではいかないがある程度鍛えたい方にも良いかもしれないですね。

悪い口コミ

防犯面が少し気になる(2.7/5)

いつでも通えますが、トレーナーさんはお願いしないと付いてもらえない、アドバイスをもらえないので、一人で黙々とやるタイプでない自分には不向きでした。また、スタッフが手薄になる時間帯もあるため、その際の安全面が少し気になります。

客のマナーの悪さが気になる(2/5)

仕事の関係で夜遅くに行きます。24時間営業なので、そこは便利です。
ただ、トレーニングしている人のマナーが悪いです。友だちどうして、大声でしゃべってうるさい。ぼくが使いたいマシンを占領しておしゃべりしている。イライラする。
スタッフは夜はいないので、注意してもらうこともできません。

客のマナーが悪すぎる(1.7/5)

安いけど、マナーの良くない客が多く退会しようと思います。飲食、携帯の利用を控えるようにとのポスターがあるのに注意をしない従業員。マシンの上でプロテインシェイクとか騒いだりとかスマホずっといじってる人とかばかりでうんざり。

エニタイムフィットネスに入会を考えたときは?

エニタイムフィットネスを見学・体験するには?

まず、見学についてですが、エニタイムフィットネスの場合は基本的に「スタッフアワー」という、スタッフの常駐時間には店舗内を回ることができるようです。

ただし、店舗によってはホームページ内から予約ができたり、電話での問い合わせを促している店舗もありました。

そして体験に関しては、例外なく予約が必要なようです。各店舗に問い合わせをして、それぞれのルールに従って、体験の予約を行ってください。

エニタイムフィットネスに入会するには?

エニタイムフィットネスに入会をしたい方は、ぜひ店舗ごとの「キャンペーン」情報を要確認してみましょう!

というのも、この「キャンペーン」によっては、初期費用をかなり抑えることができる可能性があるからです。フランチャイズであるエニタイムフィットネスでは、キャンペーンの内容も規模も、それぞれの店舗にゆだねられています。

そのため、店舗によっては期間限定でキャンペーンコードを交付して大々的に入会キャンペーンを張るところもあれば、強気にそのままを貫き通すところもあるようです。

実はエニタイムフィットネスは、入会してから31日経つと移籍もできますから、契約だけをキャンペーンで激安になっている店舗で行い、セキュリティキーだけ獲得しておく、という方法もあります。

1ヶ月(31日)間だけその店舗に通うか、1ヶ月通うことを我慢して、その後自分の目当ての店舗に通い始めれば自動で切り替えが行われるので、手続きなしでお得に入会をすることができます。

なお、入会後の持ち物に関しては、セキュリティキー(超重要!)とトレーニングできる服装、タオルや水分、シャワーのためのグッズなどで大丈夫です。シューズは、土足での利用が可能なエニタイムフィットネスですから、室内履きを持参しなくてもよいのです!

できるだけ荷物を減らしておきたい方には、うれしいことかもしれませんね。

よくある質問とその答え

入会手続きに必要なものは何ですか?

身分証明書と月会費の引き落としに使用する口座のキャッシュカードだけで大丈夫です。

休会制度はありますか?

あります。各店舗にて手続きが必要です。毎月10日が締切となっており、1ヶ月単位での休会が可能です。
ただし休会中も月に1,080円かかるので注意しましょう。

タトゥーがあっても入会できますか?

できますが、施設内でタトゥーが露出しないよう工夫が必要です。

未成年でも入会できますか?

18歳以上は入会可能です。ただし親権者の同意が必要となります。

入会店舗以外も利用できますか?別途料金などが必要ですか?

国内外関係なく全店舗、追加料金なしで利用できます。

セキュリティキーを失くしてしまいました

所属店舗にて手続きが必要です。身分証明書と再発行手数料5,140円を用意し、フロントにて手続きをします。

氏名・住所が変わった場合手続きは必要ですか?

所属店舗にて手続きが必要です。変更があり次第、各店舗のスタッフへ確認しましょう。

服装やシューズなど指定はありますか?

動きやすい服装・シューズであればなんでも大丈夫です。施設を傷つけてしまう可能性があるものは避けるようにしてください。

月会費の支払いはクレジットカードでも大丈夫ですか?

いいえ。入会時に指定した口座からの引き落としのみです。毎月27日に引き落としがされます。

無料Wi-Fiはありますか?

全店舗にて無料Wi-Fiが完備されています。

一度退会してから、再入会したいときはどうなりますか?

そもそも退会時点で4ヶ月以内に再入会の可能性がある場合は、セキュリティキー発行手数料が不要になる「休会」の制度を使っておいた方がよいとは思います。
それでも退会してしまっていて、復帰したい場合は、新規と同じ扱いになります。なので、よりキャンペーンを使ってお得に入会することをおすすめします。

エニタイムフィットネスの退会方法

必要な時間: 10 分.

エニタイムフィットネスの退会方法は以下の通りです。

  1. スタッフがいる時間に店舗へ行きます

    店舗によって異なりますが、スタッフのいる時間にフロントにて退会したい旨を伝えます。

  2. 退会届をもらいます

    簡単な書類に名前や退会理由のチェックを記入します。

  3. 最終確認

    控えを貰い、最終引き落としやセキュリティキーなどの最終確認をスタッフから受けます。

  4. 退会手続き完了

    以上で終了です。また、必ず店舗へ直接行かないと手続きはしてもらえません。

首都圏中心・流行最先端プログラム・女性専用あり・24時間店舗ありのフィットネスクラブをお探しなら、メガロスもチェック!

女性にうれしい・24時間店舗あり・多彩な活用方法ができるフィットネスクラブをお探しなら、ジョイフィットもチェック!

今月のおすすめ